メッセージ

日の下から御国へ

序 伝道者1章の終わりで、人間の知恵による真理探求の空しさを語り、この2章では快楽の空しさを示しています。伝道者の書では「心の中に」(2:1,3,15、3:17,18)と言う言葉が5回出てきます。著者は自分の本心を晒しているのです。自分の自由に使える財産を使って、快楽を追求しました。しかし、快楽、笑い、酒、事業、富、全てが空しく、多くの側女を持つことも空しかったと告白しています。それは知恵ある者も愚

続きを読む

虚しさからの解放

序 「伝道者の書」という題名は、ヘブル語で「コヘレト」で、集会を招集する者、あるいは伝道者を意味します。著者はソロモンと思われますが、ソロモンの時代より後世のものと思われる語法や用語があり、ある伝道者が知恵者ソロモンに仮託して語ったと理解する説もあります。 ゲーテの「ファウスト」もこの書から影響を受けています。ファウストは学問によって真理を極めんとしましたが、知識の無力さに絶望ます。次に快楽を求め、富

続きを読む

罪の告白

序 ダニエル書7章からは預言的な部分に入ります。7章ではダニエルは、4頭の大きな獣が海から上がってくる幻を見て、心のうちで悩みました。すると、その解き明かしが示されました。8章でダニエルは、再び幻を見ました。それは川岸に立っている雄羊に、雄やぎが突進して雄羊を打ち倒すという幻でした。そして、ダニエルにその解き明かしが示されました。 1.ダニエル罪を告白する(ダニエル9章) ダニエルはエレミヤの預言により

続きを読む

日に三度祈る

序 今日は児童祝福式です。人々はイエス様のところに子どもたちを連れてきましたが、弟子たちはそんなことでイエス様を煩わせてはいけないと、連れて来た人々を叱りました。しかし、イエス様は、子どもたちを招かれました。子どもたちが神の祝福を受けられるように、神のもとへ連れて行く責任が、大人にはあるのです(マタイ19:13~15)。手を置く(15節)とは祝福を与えることを意味しています。 さて、12章からなるダニ

続きを読む

神の国とダニエル

序 ダニエル書に記されている最初の年代は、エホヤキムの治世の第3年(BC 605年)です。ダニエルは捕囚の一人としてバビロンに連れて行かれました。これはエルサレム破壊の19年前、エゼキエルが捕虜となる8年前のことです。その頃ダニエルは少年でした(1:4)。彼は王族か貴族の出身でした(3、6節)。 1.ダニエルが夢を解き明かす(ダニエル2章) バビロンの王ネブカドネツァルは何度か夢を見ましたが、その夢の意味

続きを読む