レインボーチャーチ
活けるキリスト 
高槻一麦教会

ようこそ

活けるキリスト高槻一麦教会(いけるキリストたかつきいちばくきょうかい)(愛称:レインボーチャーチ)は、高槻市にあるプロテスタントの教会です。教会では、あなたのおいでを心より歓迎いたします。いずれの集会にも、お気軽にご出席ください。

インフォメーション

メッセージ
(最新の投稿)

主を呼び求めます

2020年10月18日

詩篇28:1-9

生島幹也

序 詩篇28篇は2つの部分に分けられます。1~5節は死の恐れからの救いと悪者たちの裁きを求める祈りです。6~9節は祈りを聞かれたことへの感謝と神の民のための執り成しの祈りです。 また、詩篇28篇は26篇とよく似ています。ダビデが危険の中で主に助けを求めて祈り、自分の潔白を述べ、悪者と同じ運命に合わないようにと訴えていることなどが共通しています。 この詩篇28篇には「手」という言葉がでてきます。ダビデの神

続きを読む

主の恵みは十分

2020年10月11日

コリント第二12:1-13

生島幹也

序 コリントの教会における最大の問題はパウロの使徒職の問題です。ユダヤ人の偽教師たちがコリントにやってきてパウロの使徒職を否定したのです。パウロは自らの使徒職を弁明し、コリント教会に対する愛を伝えました。パウロは個人的経験については控えめな人でしたが、コリント教会の問題を解決するには、自分の使徒性を証明するため、生まれや経験などを話す他に方法がありませんでした。偽教師たちが自慢話ばかりして、コリント

続きを読む

和解の務め

2020年10月04日

コリント第二7:2-16

生島幹也

序 コリント教会には偽使徒たちが入り込み、教会を混乱させていました。彼らはユダヤ人で教会からの推薦状を持っていると主張していました。しかし、パウロには推薦状がなかったことで、偽使徒たちはコリントの信徒たちに、パウロは使徒ではないと言い広め、パウロの信用を落としました。そもそもコリント教会はパウロが開拓伝道した教会であり、コリント教会の人々こそがパウロの推薦状であり、生ける手紙なのです。 しかも、パウロ

続きを読む

溢れる神の慰め

2020年09月27日

コリント第二1:12-22

生島幹也

序 パウロは第二回伝道旅行の時、一年半コリントで過ごし多くの弟子をつくりました(使徒18:10∼11)。第三回伝道旅行では三年をエペソで過ごしました。エぺソにいる間にコリント人への第Ⅰの手紙を書きました(第Ⅰコリント16:8)。まもなく迫害が起こり、パウロはエペソで、命を落とすところでした(使徒19章)。パウロはコリント教会の問題を聞き、悲しみの訪問をし(第Ⅱコリント2:1)、解決しなかった様子を知

続きを読む