レインボーチャーチ
活けるキリスト 
高槻一麦教会

ようこそ

活けるキリスト高槻一麦教会(いけるキリストたかつきいちばくきょうかい)(愛称:レインボーチャーチ)は、高槻市にあるプロテスタントの教会です。教会では、あなたのおいでを心より歓迎いたします。いずれの集会にも、お気軽にご出席ください。

インフォメーション

メッセージ
(最新の投稿)

愛を追い求めなさい

2020年06月21日

コリント第一13:1-13

生島幹也

序 12:1-14:40は賜物の問題について記されています。コリント教会では、御霊の賜物を乱用して礼拝を混乱させるという問題が起こっていたのです。 1. 御霊の賜物(12章) パウロはコリントの人々が生ける神に出会い、生ける神から御霊の賜物をいただいたことを思い出させます。コリントの信徒たちは、以前は偶像礼拝をしていました。ものを言えない偶像のところに行っていました。それに対して生ける御霊の神は「イエスは主

続きを読む

福音のために

2020年06月14日

コリント第一9:1-23

生島幹也

序 8:1-11:1までは偶像への供え物についてのパウロの対応が記されています。コリントの町にはたくさんの偶像があり、おびただしい肉の供え物が献げられました。それが取り下げられると偶像の祭司のものとなりました。さらに市場に降ろされて販売されました。そのような偶像に献げた肉を食べて良いのかどうかという問題が起こりました。そのような肉を食べると信仰の弱い人はその良心が痛むので、パウロは強い人は弱い人を配

続きを読む

私に倣う者になりなさい

2020年06月07日

コリント第一4:6-21

生島幹也

序 コリント人への手紙第一が書かれたのはおそらく紀元55年頃、パウロの3年間のエペソ滞在の終わり近くだったと思われます(使徒19章のエペソ滞在中)。 パウロは次の冬をコリントで過ごす計画を立てており実際にそのようにしました(第一コリント16章5-8節、使徒の働きに20章2-3節)。 コリント教会の人々がパウロに相談するためにエペソに派遣されました。そこでパウロはこの手紙を書きました。彼は前にも手紙を少な

続きを読む

主にあって喜び踊る

2020年05月31日

ハバクク3:1-19

生島幹也

序 今日はペンテコステ礼拝です。ハバククが預言したのはカルデアの勢力が台頭し始めた頃でした。カルデア人の脅威は紀元前612年のニネベ滅亡の頃から増大し始めました。したがってハバククが生きていたのは、おそらくエホヤキム王の治世下の事だと思われます(第Ⅱ列王記23章34節)。この預言書には、悩みに対する解決が示されています。それは、悩みを解決される主の力を信仰の目を持って見ることです。そして祈ることによ

続きを読む