救いの証

私は、47歳の時にイエス・キリストによって救われました。クリスチャンとしましては、 新しい年(2018)を迎えますと満31歳になります。私は、大阪生まれの大阪育ちですが、高槻の電池会社に就職をし、そして暫く経ってから高槻の住民となりましたので(1964)、それ以来、この地に移り住んでもう半世紀余りになります。その間に、私が勤めていた会社の跡地も、商業施設や大学のキャンパスになったりして、街の様子はす

続きを読む

主を信じて

私がどのようにして救いに与り、そして、クリスチャンになって から、これまでの間に、どの様な事を体験させて頂いたか、その一端を、かいつまんでお 話しさせて頂くことにします。 私は、46歳の時にイエス様を救い主として信じ受け入れ、この12月で37年余りになりま す。高校生の頃のことですが、通学路沿いに大きな教会堂がありましたので、行き帰りの 道中でその会堂を目にしているうちに、「将来、60歳台くらいになれば、教

続きを読む

誤まりなき神のことばに支えられ

“聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。” Ⅱテモテ3:16 私は大学一回生の時に、主イエス・キリストを信じて救われました。大阪一麦教会に導かれ、その年の10月にバプテスマを受けました。その後、大学内のクリスチャンのサークルに加入し、昼休みに一緒に祈り、別の時間に、聖書を学ぶ会を開いたり、キリスト教の映画を上映したりして、友だちに熱心に伝道していました。 その頃、

続きを読む

新しい人生

私は、函館の真言宗の家庭に、昭和25年1月5日、七番目の次女として生まれました。中学生の時、ガラシャ夫人の本を読み、聖書を学びたいと憧れのミッションスクールに入学、待ち望んだ週一度の聖書の時間、修道女の先生への憧れと共に、学びを受けさせていただきました。 「天にまします 主イエスさま われらが人を 恕すごとく われらの罪を 恕してください」 と、毎日祈りましたが、洗礼を受ける決心ができませんでした。 高校の時に、

続きを読む

救いの証し

僕は、1967年に泉佐野市で生まれ、中学3年の時に統合失調症にかかりました。その後、高校、大学は卒業出来たものの、その後は、10年の間、20社ぐらい、一般就労の経験をして、35歳の時に、精神の障碍者雇用枠の清掃の仕事をするようになりました。それから、15年経つわけですが、ここまで、人との出会いに恵まれ、積み重ねができたのも、神の御業かなと思ったりもします。 けれども、生まれてからこの間は、形だけで仏

続きを読む